こんな過程でなるの?日本語教員のなり方!

日本語教員の資格を取ろう

日本語教員という言葉はご存知でしょうか。これは日本語を学びたい外国人に日本語を教える先生のことを意味し、最近では大学で専門的な勉強をしたり通信講座などで勉強をすることによって教壇に立つことが出来ます。大学でしたら4年間、その過程において教員になる勉強をします。そして最後は教育実習で実際に何度も生徒たちに日本語を教え、そして自分も教師としての第1段階を踏み出し教員への道を歩いていくことになるのです。

日本語学校に就職しよう

日本語教員になるには就職して教師にならなければ意味がありません。しかし国内で先生になるには自分から行動をして様々な日本語学校に電話でアプローチをしなければなかなか採用の幅が大きくありません。逆に言えばここで自分からコンタクトを取ろうとする人は日本語教員に非常に向いているということが出来るでしょう。自分を売り込みに行くことは大切なことです。本当になりたいのであれば色々な学校へ自分を売り込んでみると良いでしょう。

外国で日本語を教えてみよう

国内でいくらかの経験を積んだ後は外国という晴れ舞台へ飛んでいくことが可能となります。国内で鍛えた教える技術や会話力などのスキルを持って海外へ行くことが可能となるのです。特に発展途上国では日本語を学びたいと考えている人たちも多くいますし、先生の需要もそれほど多くはありません。逆に言えば発展途上国でしたらいくらでも就職があり、教える機会があるということです。できることなら教える機会に恵まれた国へ行くと楽しみと生きがいが増えるのではないでしょうか。

教員募集に参加をするためには教員免許が必要です。それを取得するためには大学で4年間学ぶ必要があります。