火災保険も節約しよう!賃貸物件の契約にちょっと待った!

賃貸物件を借りるときには火災保険

賃貸物件を借りる際には不動産会社から指定される火災保険に加入するように求められるのが一般的です。万が一の失火の際に対応できないと困ってしまうからということが理由であり、たとえ自分が火災の原因でなくても賠償請求する先がなければ自分で家財を守らなければなりません。不動産会社やオーナーとしてはそれによって家賃が払えなくなってしまうことを懸念したり、実際に失火してしまったときに賠償を請求できないと困ることから加入を半ば強制するのです。

火災保険を選んで保険料節約

不動産会社は提携している保険会社を持っていることが多く、賃貸契約の際にはその火災保険にあたかも当然はいらなければならないかのように勧めてきます。しかし、実際には借り手には火災保険を自分で選ぶ権利があり、その保険額も特別な決まりがあるわけではありません。そのため、賃貸契約をするというときになったら一度立ち止まって火災保険について調べてより節約になる保険を選ぶと得をします。不動産会社によっては特別な契約を持っていて他を選ぶよりも充実していて保険料が安い場合もあるので比較して納得してから契約を結んでもよく、他に安くて良い保険が見つかればそちらを契約しても良いのです。

迷っている暇がなくても保険相談

火災保険について網羅的に調べてより自分の生活に合ったものを選び出すというのは大きな苦労があります。せめて不動産会社で提示されているものがリーズナブルなものかどうかを判断したいというときもあるでしょう。その程度であれば保険相談を利用することで瞬く間に結論を出してもらうことができます。より時間があるのであれば、そのまま保険相談を続けて自分に合った火災保険の商品を紹介してもらえばよいので、保険相談をうまく利用すると効率的に保険料の節約ができるでしょう。

火災保険とは、火災や水害、落雷などによる住居や家財道具などの被害を補償しますが、地震による被害は対象ではありません。